成績はスクールで決まる【生徒一人ひとりに合った取り組み】

education Of university

安心できる取り組み

通信制高校の学び方はどういったものでしょうか

通信制高校とは、主に自宅で学習する高等学校です。全日制の学校と同じく通信制高校を卒業すれば最終学歴は高校卒業となります。通信制高校の在籍期間は3年以上です。学年制ではなく単位制を採用している学校が多いのですが、単位制の場合3年で卒業することも可能ですが、単位を少しずつ修得して5年、6年かけて卒業することもできます。全日制と比較しても自由度の高い学校と言えるでしょう。 通信制高校では自宅学習が主軸になります。そしてレポートを提出、添削、スクーリングと呼ばれる面接指導、試験が行われます。スクーリングでは学校に登校して講義を受けたり、生徒同士での勉強もあります。登校頻度は学校によって違いますが、月に数回程度から週に何日も登校するコースもあります。授業時間は全日制と比較すると、短時間という学校が多いようです。

特色あるコースが多いのも魅力です

通信制高校では各校が独自の教育方針をもっています。全日制の高校に比べて少人数クラスにし丁寧に指導していたり、ゼミや体験教室を積極的に開催する通信制高校もあります。 スポーツに力を入れている学校もありますし、パティシエを目指す学校、ミュージシャンを目指す学校、医科歯科大学進学を目指す学校などさまざまあります。全日制の高校と比較すると、通信制高校は何か得意なものに特化した学校であると言えるでしょう。不登校で自信を失った子供も、自分の得意分野を発揮できる学校であれば学び直しが出来るのではないでしょうか。全国どこからでも入学可能な学校も多いようです。学校ごとの特色を比較しながら検討してみてください。インターネットから資料請求ができます。

Copyright© 2015 成績はスクールで決まる【生徒一人ひとりに合った取り組み】 All Rights Reserved.

このエントリーをはてなブックマークに追加